振り切れるもの

 

呼吸する位自然に出来ることは最も仕事にしやすい。

という話を聞いた事がある。

趣味と仕事の均衡線を図ることは何気に結構難しくて、己の其れが何なのかを知る人はどちらかというとマイノリティかもしれない。

僕の場合もそうで、バンドやアーティスト活動はやってきたものの、どこか不必要なプライドをずっと携えて、「音楽とはこういうもの」というステレオタイプの中で泳いでいた。

好きなことを仕事にするってのは大義名分で、理屈的にはもっと単純に「もっと音楽でいろんなことがしたい」というようなライトな気持ちだったのもある。

自分を振り切ることが出来る環境だったりステージだったりは自分以外の誰かが用意してくれることなんてことは殆どないわけで、自分で切り開いてこそ初めて齎される対価だ。

1から100にするのはすごく分かりやすい。

が、ゼロから1にするのがやっぱり一番難しい。

馬鹿になれる事、時間を忘れて没頭できることがあるってのは、相当な幸せなのだと最近確信している。

 

最新情報をチェックしよう!