不登校youtuberのこと

 

ちょっと前に話題になった不登校youtuberがいて、まあ全方向から賛否の嵐である。

 

基本的に僕は他人は他人、自分は自分という方針なので別に誰が何やろうと関係ないんだけど、例えば自分の息子が同じことを言ったらどうだろうか、ということ考えた。

 

件に関しては親の問題という意見も散見するが、まあその辺の話もこちらで議論しても仕方がないので割愛。

 

 

もし息子が小学校に行かずに何かしたいと言ったら、正直開口一番でOKとは言わないだろう。

 

というのも、そこまでのプロセスが重要だと思っていて、例えば

「学校通いながらやりたいことはできないのか?」

とか

「人生をかけてまでそれがやりたいことなのか?」

とか、まあ諸々確認したいのが先にある。

 

在学中に起業したり何かで有名になる人間も沢山いるし、通いながらでも出来る事ならば学校には通って欲しいと思う。

 

ただ、もし小学生ながらに人生を賭してでも没頭したいことが有り、なおかつ学校に行かないことで背負ってしまうリスクを受け入れてでも何かをやりたいというなら、行かなくてもいいからそれやれよ。と言うかもしれない。

 

僕は一時期のが学校に行くのが嫌で単位ギリギリまで学校に行かなかった時期がある。

その時は学校に行く理由が分からなかったりとかで、別に何か他にやりたいことが有ったわけではない。

そのあと行きたくても行けない時期も有ったりして、後になって「もっとまじめに通ってれば良かったな」と思った。

 

その理由は色々だけど、やっぱりその時に経験した紆余曲折や考え方、人間関係だったりは、そのあとの人間の形成には必要だったのかな?って思う。

何だろう、その時が無かったら今は当然無いと思うので。

 

確かに僕らが子供の頃とは違って、今は色んな勉強の仕方だったり発信の仕方があるので、事実上学校に行かなくてもそれなりの知識や挑戦はできてしまう。

だからこそ今回のような事象が起きたのだろうし、それは昔と今を比べてどうこうってこともないけど。

 

要するに、本人の思い次第かな?というのが直感。

ただ、理由もなく行くのがいやだというなら反対。

本当に心に決めた夢とかがあって、集中したくて、学校生活が弊害になるなら、じゃあ頑張れって言うかも。

 

 

件に関しては親子間でそういう意思の共有が出来てるか分かんないし、こちらでそれを議論しても意味無い。

それを調べる気力も勿体ないので、まあ好きにやれよ、などと。

 

 

最新情報をチェックしよう!