全力で反省して全力で忘れる

 

何かに挑戦していれば、常に結果として成功を収めるだけとは限らない。

 

所謂「失敗」も次の挑戦への足掛かりになるとすれば、誰かが決める「失敗」さえ「成功」のうちだと信じている。

要はどんな結果でさえ無駄にしなければ全部成功というスーパーポジティブシンキングだ。

 

 

ただ、そうは言ってもミスをして猛省することもあるし、自分以外の部分まで影響が出てしまうような「THE失敗」を冒し、全力で謝罪するときだってある。

 

その時はどうやったって理想の結果とはかけ離れたゴールに着地してしまっているので、言い訳もできないし全身全霊で反省をするしかない。

 

 

そんな時は、なるべくそのことが尾を引かないように、全力で反省し、全力で忘れることも必要だと実践している。

 

どんなに反省しても起きてしまったことはどうしようもないし、じゃあどうするか?と言ったら次につなげていくしか方法はない。

 

いつまでも引きずってもどうしようもない。

しっかりと反省してしっかりとスイッチするしかない。

 

 

こんな自分も、かつては本当にダメ人間だった。

定職につかずプラプラしていた時もあったし、途中でバックレた仕事も沢山あった。

破った約束だってたくさんあるだろう、裏切ったり悲しませたりだってきっと星の数ほどある。

お金にもルーズで昔の彼女にお金を借りて返さなかったり、たくさんの人に迷惑をかけた。

 

昔からずっと人に誇れるような生き方だったわけじゃない。

今振り返っても阿呆すぎて慚愧に堪えない。

 

 

だけど、それをいつまでも十字架として背負って目立たないようにひっそり生きるなんてことは必要ない。

あの頃の自分はもう全力で反省した。

じゃあどうするか?しかない。

 

 

人間だれしも仏のような心ではない。

時として魔が差す時もあるだろうし、怠惰や欲望に身を委ねる時もあるだろう。

もう、仕方がない。

だからって倫理的におかしいのは駄目だけど。

 

 

いつまでも変えられないのはその人次第。

いつまでも根に持つのもその人次第。

起きてしまったことはどうしようもない。

自分が原因なら何も言えない。

だから全力で反省して全力で忘れて次につなげる。

それだけでいい。

 

最新情報をチェックしよう!